メインイメージ

リコースとは

ファクタリングによる資金調達を考える場合、契約方法に注意が必要です。ファクタリングには2種類の契約方法があります。それはノンリコース契約とウィズリコース契約です。リコースは償還請求権のことを指します。償還請求権とは売掛金を設定した企業が不渡りを起こし倒産してしまった場合に、ファクタリング会社が立て替えた売掛金を契約者に対して請求する権利のことです。リコースの仕組みをはっきり理解しておかないと、前述のような状況が発生した場合、新たな債務を負ってしまう可能性があるため注意が必要です。

ウィズリコース契約とは

ウィズリコース契約とはファクタリング会社側に償還請求権を設定する契約方法です。仮に売掛金を設定した顧客が倒産した場合、ファクタリング会社に譲渡した売掛金の支払い義務が自社に移ります。例えば取引先に1000万円の請求書を発行し、ファクタリング会社とウィズリコース契約を結び売掛金(債権)を譲渡したとします。ファクタリング会社は自社に対して先に買い取った分のお金を支払います。もし取引先が倒産して債権の回収が困難になった場合、ファクタリング会社は1000万円の債権を自社に請求します。この場合、自社は1000万円にファクタング会社の手数料をプラスした債務を抱えることになります。

ノンリコース契約とは

ウィズリコース契約とは対照的に顧客が倒産した場合でも、売掛金の支払い義務を負わない契約を指します。ウィズリコース契約とは異なり、自社は負債を抱える心配がいりません。この方法なら資金調達がスピーディに完了するだけでなく、債務を抱えるリスクから解放されるので、自社は経営に集中できるというメリットがあります。

どちらか良いか

メリットを考えるとノンリコース契約のほうが勝っていることが分かりますが、手数料を考えたときにどちらが良いかを考えるのは経営者の判断です。手数料が少なくすぐに資金調達ができるという意味ではウィズリコース契約が良いですし、手数料が多少かかっても債務を背負うリスクが少ないという意味ではノンリコース契約のほうが良いと思えるかもしれません。


ページトップへ戻る
Copyright? ファクタリングとは?ファクタリングのすべて All Rights Reserved.