メインイメージ

ファクタリングのメリットとデメリット

スピーディかつ確実に資金調達ができる方法としてファクタリングが注目を集めています。日本では比較的新しい資金調達方法になるため、ファクタリングについて知らなかったり、あまり内容はわからなかったりする経営者は少なくありません。これからファクタリングで資金調達をしてみたいと思う場合には、前もってメリットとデメリットを抑えておくことが必要です。

ファクタリングのメリット

ファクタリングにより得られる最大のメリットは確実に資金調達ができることです。銀行の融資とは異なり、売掛金の伴う取引があれば例外を除きほぼ確実に資金調達ができます。取引先が多く売掛金の額が多ければ多いほど調達できる資金の額は増えます。設備投資を急ぎたい場合、銀行に融資を依頼したとしてもすぐに答えが出るわけではなく、融資が断られてしまった場合は、設備投資を見送らなければならなくなります。これではせっかくのビジネスチャンスを逃してしまうため、会社の経営に大きな影響を与えます。ファクタリングならすぐに資金が欲しい場合、その日のうちに資金調達ができることもあるため、ビジネスチャンスを逃しません。

債務超過でも資金調達が可能

ファクタリングの他のメリットは、債務超過の状態に陥っていても資金調達が可能だという点です。債務超過になってしまうと、銀行融資は期待できませんし、金利の高いビジネスローンを組むとなると、返済に困る可能性が出てきます。ファクタリングならそのような心配をせずに資金を確保できます。

デメリット

ファクタリングは融資とは異なり、売掛金がある取引がなければ利用できません。すべて現金取引で行っている場合は売掛金が発生しないためファクタリングは見送ることになります。調達できる資金の上限も売掛金の総額になるため、売掛金が少ない場合にはあまり意味をなさなくなります。融資のように分割で返済することもできません。メリットとデメリットをよく考えて利用することで、会社の経営安定が見込めます。


ページトップへ戻る
Copyright? ファクタリングとは?ファクタリングのすべて All Rights Reserved.