メインイメージ

ファクタリングと融資の違い

ファクタリングは資金調達方法の1つですが、融資との違いがいまいちよくわからないという経営者もいることでしょう。ファクタリングという言葉自体、ごく最近になって聞くようになったという人が少なくないからです、ファクタリングも融資も資金調達方法という点では同じですが、それぞれ全く異なります。ファクタリングと融資の違いとは何でしょうか。

調達方法と返済方法の違い

ファクタリングで資金調達をする場合、調達できる資金は売掛金の範囲内に限られます。融資はそれとは異なり、調達できる金額は審査で決まります。不動産などを担保に入れることで融資額を増やすことができます。莫大な資金を調達することも可能です。返済方法についてですが、ファクタリングの場合は返済期限が翌月もしくは長くても翌々月までです。返済方法は1回のみで分割による支払いはできません。融資の場合は返済方法を自由に設定できます。返済回数も選べるというメリットがあります。

審査と審査期間の違い

ファクタリングと融資は審査方法が異なります。ファクタリング契約を結ぶ場合に重視されるのが売掛金に関する審査です。売掛金が多ければ多いほどファクタリング契約を結べる可能性が高くなります。売掛金があれば審査に通る可能性は高く、審査結果が出るまでの時間は早ければ1日、遅くても1週間以内です。融資の場合は審査が厳しく、財務状況や経営計画などの情報が必要になります。銀行融資だと審査に1カ月以上かかることもあります。

信用情報の違い

ファクタリング会社は契約を結ぶ際に信用情報機関に情報の照会を求めることはしません。信用情報とは全く関係なく資金調達ができるため、極端に言えば信用情報に問題がある場合でも資金を確保できます。融資には信用情報の照会が不可欠です。信用情報に何らかの問題がある場合は融資を受けることができません。取引先と売掛による取引をしている場合、ファクタリングのほうが資金調達をしやすいことが分かります。


ページトップへ戻る
Copyright? ファクタリングとは?ファクタリングのすべて All Rights Reserved.