メインイメージ

ファクタリングの種類

ファクタリングには幾つかの種類があるため、目的や希望に合わせて最適なファクタリングを選ぶことができるようになっています。ファクタリングの種類には4つあり、1)一括ファクタリング、2)保証ファクタリング、3)医療ファクタリング、4)国際ファクタリングに分かれています。

一括ファクタリングとは

一括ファクタリングとはファクタリングのスタンダードな取引に当てはまります。ファクタリング会社が契約企業から売掛債権を購入し、契約企業に対してお金を支払います。かつては一括ファクタリングは契約企業、ファクタリング会社、売掛企業の3社の同意が必要でしたが、現在ではファクタリング会社と契約企業の2社間で成立するものも登場しています。2社間取引の場合、資金調達にかかる時間は最短で即日です。

保証ファクタリング

保証ファクタリングとは売掛企業が倒産した場合に債権の回収が不能になるのを防ぐサービスのことです。取引先の経営状況が不安定で、貸し倒れを起こしやすい状況になった場合でも、債権が回収できなくなるリスクを回避できます。保証を行うのはファクタリング会社です。万一債権回収ができなくなった場合、ファクタリング会社が契約企業に保証金を支払います。

医療ファクタリング

医療ファクタリングとは、医療機関が健康保険に請求する場合の債権を買い取り、資金を提供するサービスのことです。国民健康保険や社会保険に請求をかける場合、支払いまでに時間がかかります。このタイムラグを無くしてくれるのが医療ファクタリングです。

国際ファクタリング

国際ファクタリングとは、貿易相手の企業から債権回収をする際に問題が発生し、債権回収ができなくなる場合に備えられるサービスです。利用する場合には輸出先の企業の合意を取り付ける必要があります。国際間取引における債権回収不能事故を防ぐことができるため、貿易を主とした企業に向いているファクタリングサービスです。


ページトップへ戻る
Copyright? ファクタリングとは?ファクタリングのすべて All Rights Reserved.