メインイメージ

ファクタリングの利用価値

ファクタリングは利用価値が高く、企業の経営を安定させる点で重要な役割を果たします。ファクタリングを利用することで得られる利点の一つは、つなぎ資金が確保できることです。例えば季節ごとに需要が大きくなる商品を取り扱っている企業では、商品生産のために一時的に多くの資金が必要になります。生産力を増強し、商品供給を円滑にするために、ファクタリングを利用することで、潤沢な資金が得られます。

運転資金の確保

企業活動で大切なのは運転資金の確保です。運転資金が確保できなければ企業は倒産のリスクが高まります。運転資金を確保するために、東奔西走している経営者は少なくありません。銀行からの融資が受けられない場合には、金利が高いビジネスローンに融資を求めて資金確保を行う経営者もいます。ファクタリングなら、一時的な運転資金の確保に向いています。融資を利用して高い金利を支払うリスクがないため、安定した経営ができるようになるのです。

納税するための資金を確保

企業が考えなければいけない支出に納税があります。法人税や消費税の支払いは毎年必ずやってくるため、税金を支払うための資金を用意しておかなければなりません。資金繰りが悪化している場合、税金を滞納するリスクが生じます。税金を滞納してしまうと、融資が受けられなくなるばかりか、差し押さえなどのリスクもあります。このような状況は経営者に多大なストレスを招きます。これを回避できるのがファクタリングです。

融資を申し込む場合活用できる

融資を申し込む場合、資産状況をチェックされます。銀行の預金残高が少ないと、融資が断られる可能性が高くなります。このような場合に備えて、ファクタリングで預金を確保できます。売掛金をそのまま資金に変えられるので、融資の申込の際に必要な資産状況の審査をパスできるようになります。ファクタリングを活用すれば、資金繰りのピンチを回避できるだけでなく、ビジネスチャンスを逃しません。


ページトップへ戻る
Copyright? ファクタリングとは?ファクタリングのすべて All Rights Reserved.