メインイメージ

ファクタリングの仕組み

ファクタリングを利用する前に、仕組みを理解することでファクタリングに対する正しい見方ができるようになります。ファクタリングを理解するには自社と取引先(売掛先)およびファクタリング企業との関係を把握する必要があります。仕組みを理解すれば、ファクタリングによる資金調達は非常にシンプルで利用しやすいことがわかるでしょう。

ファクタリングによる資金調達の流れ

ファクタリングによる資金調達方法の仕組みはいたってシンプルです。自社が取引先に商品もしくはサービスを販売する際、取引先は商品を先に受け取ります。商品もしくはサービスの代金は売掛金という形で自社が取引先に請求します。売掛金とは“ツケ“によく似ています。食事を”ツケ“にした場合、後で必ず食事代はまとめて支払わなければいけませんが、売掛金も同じで期日までに必ず支払う必要があります。ただし支払いまでに一定の期間があるため、その間は自社側に資金が入りません。そこでファクタリング会社は売掛金を買い取り、自社側にお金を支払います。これがファクタリングの仕組みです。

ファクタリングのメリット

ファクタリングを利用することで、短期間で資金調達ができます。銀行に融資を依頼する場合、審査に時間がかかり融資がなかなかしてもらえないことがありますが、ファクタリングは売掛金による取引があれば利用できるので、資金をスピーディに調達できます。短期間で資金が必要になった場合にはファクタリングを利用するメリットが大きいといえるでしょう。

ファクタリング会社はどのように利益を得るのか

ファクタリング会社が利益を得る仕組みはどうなっているのでしょうか。ファクタリング会社が売掛金(債権)を購入する際に手数料を差し引きます。例えば1000万円の売掛金をファクタリング会社に売却する場合、ファクタリング会社は900万円で買い取ることで100万円分の利益を得ます。手数料はファクタリング会社によって異なるため、手数料の安い会社を選ぶことで損失を減らせます。


ページトップへ戻る
Copyright? ファクタリングとは?ファクタリングのすべて All Rights Reserved.