メインイメージ

ファクタリングの2社間取引と3社間取引の違い

ファクタリングの取引方法には2社間取引と3社間取引と呼ばれる二通りがあります。ファクタリングによる資金調達を指すのは一般的に3社間による取引です。しかし3社間での取引にはさまざまなリスクがあるため、2社間取引が好まれるようになりました。それぞれの違いやメリットを把握することで、ファクタリングによる資金調達がより円滑にできるようになります。

ファクタリングの3社間取引

ファクタリングの3社間取引とは、自社と売掛会社、ファクタリング会社の3社それぞれがファクタリングについて同意したうえで成立する取引を指します。ファクタリングとは売掛金をファクタリング会社が買い取り、自社に対してお金を支払う取引を指しますが、3社間取引では、ファクタリング会社が売掛金(債権)を買い取ることを売掛会社に知らせます。売掛会社が同意する場合、ファクタリング会社は売掛金を買い取り、自社に対して買い取った分のお金を支払います。

ファクタリングの2社取引

ファクタリングの2社取引は3社間取引と異なり、売掛金をファクタリング会社が買い取ることを売掛会社(取引先)には伝えずに売却する方法のことです。この場合、売掛会社の同意を得ていないため、ファクタリング会社には貸し倒れのリスクが生じます。そのため手数料を高く設定します。自社は取引先に知られずに売掛金を売却し、資金調達ができるというメリットがあります。

それぞれのリスク

ファクタリングの3社取引では、売掛会社(取引先)に売掛金の売却の合意を取り付ける必要があるため、取引先との信頼関係が損なわれる可能性があります。場合によっては取引が中止に追い込まれる可能性があります。2社取引の場合は前述のように貸し倒れリスクが生じます。そのため手数料が割高になってしまい、得られる資金が少なくなります。それぞれにメリットとデメリットがありますが、信頼関係を損ねず資金調達ができるという点では、2社間取引に軍配が上がります。


ページトップへ戻る
Copyright? ファクタリングとは?ファクタリングのすべて All Rights Reserved.