メインイメージ

ファクタリングの手数料

ファクタリングは融資に頼らずに資金調達ができるため、徐々に浸透しています。ファクタリングは売掛金をすぐに現金に変えられるため、魅力がありますが、ファクタリングを利用する場合には手数料が必要なため、手数料の金額によっては利用するかどうか躊躇してしまう経営者もいます。ファクタリングの手数料の相場を前もって知っておけば、ファクタリングを有利に活用できる方法が分かります。ファクタリングの相場についての情報をまとめてみました。

ファクタリングの手数料に含まれるもの

ファクタリングの手数料に含まれるのは、登記費用、ファクタリング会社の手数料、印紙代などです。登記費用とは司法書士に登記を依頼する際に発生する費用のことを指します。司法書士に支払う着手金や文書代などがそれに当たります。印紙代とは登記の際に必要になる費用で、債権譲渡契約書に貼り付ける印紙代や登録免許税などが含まれます。加えて、ファクタリング会社を利用する場合に、会社側に支払う手数料が発生します。

ファクタリングにかかる費用の相場は?

印紙代は前もって決まっている費用ですが、登記費用とファクタリング会社に支払う手数料はそれぞれ異なります。司法書士に支払う費用は着手金を含めて10万円前後です。ファクタリング会社に支払う費用は売掛金の10%前後が相場になっています。仮に取引先の売掛金500万円をファクタリングする場合は、手数料の合計が60万〜70万円前後です。この場合、受け取れる資金の合計は430万円前後です。

ファクタリングの費用は売掛会社の信用力に左右される

ファクタリングの費用は売掛会社の債権支払い能力によって変わります。売掛会社が支払い能力に問題がないと判断されれば、貸し倒れリスクが低くなるため、ファクタリング会社に支払う手数料は少なくなります。もし貸し倒れリスクが高いと判断される場合は、ファクタリング会社に支払う手数料が高くなります。これまでファクタリングを利用してきた実績がある場合は、手数料が割り引かれることがあります。


インターネットfax比較ラボ
インターネットFAXでFAXの業務効率の改善

ページトップへ戻る
Copyright? ファクタリングとは?ファクタリングのすべて All Rights Reserved.